会員規約

東我孫子カントリークラブ(以下、「甲」といいます)は、甲が運営するインターネットによる会員サービス(以下、「本サービス」といいます)の利用について、以下のとおり本規約を定めます。

第一条 総則
1.本規約は、本サービスにおいて、第二条所定の会員登録の際の、甲と会員との間で締結される契約条件を定めるものです。
2.甲は、会員の事前の承認を得ることなく、本規約および本サービス内容を随時変更することができるものとします。

第二条 会員
1.会員は本規約を承諾の上、インターネット会員制サービスの会員登録を行い、甲がその登録を承認した個人とします。
2.上記の会員登録を実施した個人であっても、甲が会員として承認することが不当であると判断した場合にはその資格を取り消す場合があります。

第三条 会員ID及びパスワードの管理
1.会員が自己の会員資格を他人への譲渡・貸与・売買などの行為は一切を禁止します。
2.甲が発行したID・パスワードの管理は会員自身で管理をしてください。ID・パスワードの漏洩、盗難等により損害が発生しても当社は一切責任を負いません。万一、ID・パスワードが第三者に漏洩した場合は、直ちに甲にご連絡ください。

第四条 会員情報の取扱い
甲は、個人情報保護方針にもとづき、以下のように個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的
1).ゴルフ場の予約手配のため
2).商品配送のため
3).お客様の許可を得たうえでのメールマガジン送信のため
4).当社運営施設への来訪者の確認及び来訪者への対応内容の記録のため
5).当社サービスの向上・充実をはかることを目的としたアンケートのため

2.個人情報の第三者への開示・提供
当社では以下の場合を除いて、第三者に個人情報を開示・提供することはありません。
1).本人の同意を得ている場合
2).業務委託をしている企業へデータベース・システムの管理・メンテナンスのために必要な場合
3).業務の一部を外部業者に委託する場合
(この場合、十分な情報管理が行われている委託先を選定するとともに、委託先に対して必要かつ適切な監督を行い、委託先において漏えい事故や不正使用が発生しないよう対策を講じます)
4).法令に基づく場合
5).人の生命、身体又は財産の保護のために必要があり、個人情報の開示・提供について本人の同意を得ることが困難な場合
6).国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要があり、個人情報の開示・提供について本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

第五条 会員の禁止事項
1.会員の以下に該当する、もしくはその恐れのある本サービスを介した行為は禁止します。
1).公序良俗に反する行為
2).法令に違反する行為
3).他の会員もしくは第三者の著作権・肖像権・その他知的所有権を侵害する行為
4).他の会員もしくは第三者を誹謗・中傷する行為または、不利益を与える行為
5).甲の事業あるいは提供するサービスの運営を妨害する行為
6).甲が承認していない営業行為、営利を目的とした情報提供を行う行為。
7).有害なコンピュータープログラムを送信または書き込む行為
8).本サービスを利用しうる情報を改ざんしまたは消去する行為
9).他の会員のユーザーID、及びパスワードを不正に使用する行為
10)本サービスにより受ける情報を、営業に利用すること、または第三者へ提供する目的で情報を加工及び再利用する行為。
11)その他、甲が不適当と判断する行為

2.前項の禁止事項に該当し、それにより甲が損害を負った場合には、会員はその一切の責任を負い、甲が被った一切の損害及び損失を賠償及び補償するものとします。

第六条 登録内容の修正・削除
1.登録されている全ての情報に関して、以下に該当する恐れのあるものは、甲が会員への承諾なく修正・削除できるものとします。
1).登録されている情報が明らかに事実と異なると判断された場合
2).登録後一定期間、本サービスの利用がない場合
3).その他、当社が不適当と判断した場合

第七条 サービスの中断・変更・中止
本サービスは、甲が必要とした場合または下記の各項に該当する場合には、会員へ事前に通知することなく本サービスの内容の中断、変更、中止ができるものとします。その際、会員又は第三者に対していかなる損害が生じても、甲は、一切の責任を負わないものとします。
1.本サービスを快適に運営するための定期保守および緊急保守の為に必要な場合
2.災害、停電その他の妨害行為などにより、本サービスの運営が困難となった場合
3.その他、本サービスの停止が必要と当社が判断した場合

第八条 免責
1.天災地変、戦争、暴動、内乱、経済事情の急激かつ著しい変動、その他不可抗力の発生により、本規約の一部または全部の履行が遅延または不能になったときは、甲は会員または第三者に対して一切の責任を負わないものとします。
2.会員が本サービスを利用するにあたり、他の会員または第三者に対して損害などを与えた場合には、当該会員は自己責任と費用においてその問題を解決し、甲に対しては一切の損害、迷惑をかけないものとします。
3.甲は、ユーザの登録内容に従い事務を処理することにより免責されるものとします。
4.甲は、法律上の請求原因の如何を問わず、いかなる場合においても本サービスの利用に関して生じた損害、損失、不利益などについて一切の責任を負わないものとします。

第九条 合意管轄裁判所
1.本規約に関する一切の紛争については、甲指定の第一審の専属的管轄裁判所とします。

第十条 協議
1.本規約に定めのない事項又は本規約に関する疑義が生じた場合には、関係当事者間にて誠意をもって協議し、円満に解決するよう努めるものとします。

この規約は2016年12月1日より効力が発生します。